So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

文化の日ー東京巡り [その他]

 快晴の文化の日午前中、神楽坂を散策、まずJR飯田橋駅が変わりつつあるのに驚いた。名物ホームに続くだらだら斜面が失くなっていた。まだ工事中だが、最終的にどうなるのだろうか。
 昼食を摂ってから通りに出ると、消防署のブラスバンドが行進中だった。さすが上手で、爽やかな気分になった。
IMG_3413[1].JPG
IMG_3415[1].JPG
 飯田橋から南北線で溜池山王まで移動。骨髄バンクを支援する東京の会の、25年続いているチャリティーコンサートで、ピアノトリオを聞いた。ザルツブルクのモーツァルテウムの放射性物質を含んだ建材が原因で、先生方が癌を発症したという話は聞いたことがあったが、まさにその当時、仲間を失った方がコンサートを続けているのだ。ドナーの善意を受けた患者さん、ドナーとして骨髄を提供した方のシンポジウムもあり、生の体験談を聞き感動した。個人的に私も30年前、友人を白血病で亡くしている。突然発症する白血病も、型の合うドナーが見つかれば、新しい血液をつくることができる。素晴らしいことだ。
 会場は昭和の香りのする古い会議場のようなところで、演奏者には少し気の毒だった。
IMG_3420[1].JPG
 恒例、弦楽器フェア、行くと必ず友達に会える。今年は、友人のコントラバス演奏を聴くつもりが、間に合わなかった。初めてみたチェロの弦、セットで6千円と、とても安いので、購入してみた。ドイツ・ミュンヘン製で、主にマンドリンやギターの弦を作っている会社だそうだ。
IMG_3422[1].JPG
IMG_3424[1].JPG
 ドイツフェスティバル2017、初めて行ったが、広々した青山公園で、お天気もよく、弦楽器フェアから流れてきた友人に出会い、気づけば、9時を回っていた。
IMG_3427[1].JPG
IMG_3428[1].JPG
IMG_3433[1].JPG
nice!(0)  コメント(0) 

MAROワールド Vol.32 王子ホール25周年(二日目) [コンサート]

 昨日に引き続き王子ホールへ。前半は、1日目と同じチャイコフスキーの弦セレ。初日は宮田さんがチェロトップだったが、今日は桑田さん。昨日気づいたのだが、N響では目立たないが、ここではソリステックに、身をよじらせ、熱演している。今日の席は、演奏者の顔が、結構見える。
 昨日清水和音さんが仰ったのだが、王子ホールは、ピアノの状態がいつもとても良いそうだ。ピアノが悪くなるのは、ほとんど調律が原因で、調律師がピアニストの希望に応じるからだそうだ。やり過ぎると、ピアノが元の状態に戻らなくなると、話して下さった。
 今日はついに、まろさんが、無茶振りの対象となった。初めてらしい。昨日の仕返しに、崎谷さんが、英雄の生涯の楽譜を持ってきた。とはいえ、手心を加え、要望箇所について、"ここは嫌だ"と拒否されると、最後の部分に落ち着いた。途中からカルテットの伴奏が入り、まろさんは、周到な準備に、二度びっくりされた。
 岡本さんは、思った通り、"この前歌ったんだって"と先週シティーフィルのロココのアンコール、ジョバンニ・ソッリマ"ラメンタチオ"の抜粋を披露。先週も思ったが、和音が本当に正確で美しく、まるでギターの音のように、鮮明に聞こえる。アクロバットテクニックに、またも大絶賛、良い雰囲気だった。
 アンコールのハッピーバースデー変奏曲も、とても面白かった。様々な名曲アレンジで、テーマが演奏され、ドボルザークのアメリカ風は、Vlaの熱演に、涙が出るほど笑ってしまった。また、低弦がトレモロしているところに、即興でVnのカデンツァが入るところでは、まろさんが奏者を弓で指名する。小林さん、崎谷さん、大江さんが、順に指名され、きっちり英雄の生涯の仕返しをされた。三人三様の反応に、心の内が垣間見えた。
 22時終演、帰り道、プログラムの冒頭挨拶を見ると、25周年記念の大パーティーと書いてあり、なるほど、あれはパーティーの余興の楽しさだった。本気で、楽しんでいるメンバーを見て、2日間で、急にメンバーの方々と知り合いになったような気がした。

篠崎“まろ”史紀(ヴァイオリン)
<MAROカンパニー>
大江 馨、小林壱成、崎谷直人、白井 篤、伝正秀、戸澤哲夫、水谷 晃、長原幸太(ヴァイオリン)
鈴木康浩、佐々木 亮、中村翔太郎(ヴィオラ)
岡本侑也、桑田 歩、宮田 大(チェロ)
西山真二(コントラバス)
清水和音(ピアノ)

王子ホール 25周年ハッピーバースデイ・コンサート
MAROワールド Vol.32 by 篠崎“まろ”史紀&MAROカンパニー
【第2部】
J.S.バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043 より 第1楽章(小林、大江、清水)
シューベルト:弦楽三重奏曲 第1番 変ロ長調 D471 (戸澤、中村、宮田)
クライスラー:美しきロスマリン Op.55-4(崎谷、清水)
クライスラー:愛の悲しみ(白井、清水)
クライスラー:愛の喜び(長原、清水)
クライスラー:弦楽四重奏曲 イ短調より 第1楽章 (MARO、水谷、佐々木、桑田)
ドホナーニ:ピアノ五重奏曲 第1番 より 第1楽章 (長原、伝田、鈴木、宮田、清水)
ブラームス:「5つの歌」より Op.105-1 『旋律のように』 (岡本、清水)
ブラームス:ピアノ五重奏曲 ヘ短調 Op.34 より 第1楽章 (MARO、小林、佐々木、岡本、清水)
【アンコール】
ハイドリッヒ:ハッピー・バースデー変奏曲
IMG_1550.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

MAROワールド Vol.32 王子ホール 25周年ハッピーバースデイ・コンサート [コンサート]

 Maroワールドは王子ホールの人気シリーズなので、会員だけでチケットが完売になってしまうことが多い。しかし今回は、王子ホール25周年のお祝いイヴェントとして二晩にわたり催され、しかも通常よりさらに高価なチケットであるためか、両日残席あり、プログラム未定のまま、2日買い、連れ合いと1日ずつ行くことにした。特別にシャンパン等のウェルカムドリンクと、休憩時恒例のヨックモックの小さなケーキが供された。
 チャイコフスキーの弦セレは、さすが、マロさんに皆の神経が集まり、各々が存分に楽器を鳴らしつつ、素晴らしいアンサンブルだった。ヴィオラ奏者の背中で深みのある音が轟いていた。
 後半のプログラムは事前に発表されず、作曲家の年代順に、過去のコンサートと縁がある曲が、演奏されたようだ。まろさんが奏者を紹介し、インタヴューしながら進められた。このマロワールド名物で、突然マロさんが奏者にリクエストして演奏させる”無茶振り”企画があり、メンバーの人柄や生の声が聞けておもしろい。特に若者Vn弾きは、マロさんに逆らえない。勿論ある程度覚悟して出演するのだが、一人目の標的は神奈フィルコンマスの崎谷さん、”この前、英雄の生涯やったんだって?”と譜面台にソロパートの譜面が置かれており、弾くべき箇所が赤で囲ってあった。マロさんが読響コンマス長原さんに指令し楽譜を持って来てもらったとのこと。皆に最近やった演奏や最近や、近々やるという"宣伝"もさせ、"無伴奏弾くの?じゃあ、バッハ弾いてみようか”と。普段は演奏を聴くだけだが、近況や、王子ホールの印象など聞きながら、皆さんと一緒に笑うと、音楽も二倍楽しい。
 アンコールのホルベルク、パワー全開で最高だった。途中、コンマスを交代し、若者に1Vnソロを弾かせたり、いつ何時、不意討ちがあるか、油断できない。なるほど、エンターテインメントだった。終演は22時。
 宮田さんの全身全霊で歌うように弾く姿に感動。"もう一歩前へ出なさいよ、今旬だよね"と言われ、照れる岡本さんは、純粋すぎて、過度なイタズラはできないだろう。凛々しく歌う旋律が美しい。
篠崎“まろ”史紀(ヴァイオリン)
<MAROカンパニー>
大江 馨、小林壱成、崎谷直人、白井 篤、伝正秀、戸澤哲夫、水谷 晃、長原幸太(ヴァイオリン)
鈴木康浩、佐々木 亮、中村翔太郎(ヴィオラ)
岡本侑也、桑田 歩、宮田 大(チェロ)
西山真二(コントラバス)
清水和音(ピアノ)

10/24(火)プログラム
王子ホール 25周年ハッピーバースデイ・コンサート
MAROワールド Vol.32 by 篠崎“まろ”史紀&MAROカンパニー
第1部   チャイコフスキー:弦楽セレナード ハ長調Op.48 (全員)
第 2 部
ヘンデル/ハルヴォルセン:ヘンデルの主題によるパッサカリア (小林・岡本)
ハイドン:ピアノ三重奏曲 第39番ト長調 より 第3楽章(大江、宮田、清水)
モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ 第28番 ホ短調 K304 より 第2楽章(MARO、清水)
ベートーヴェン:弦楽三重奏のためのセレナーデ ニ長調 Op.8 より 第4楽章 アレグロ・ア・ラ・ポラッカ(崎谷、鈴木、桑田)
ベートーヴェン:ピアノ四重奏曲 ハ長調 WoO36-3 より 第3楽章(長原、中村、岡本、清水)
ドヴォルザーク/ヴィルヘルミ:ユーモレスク(伝田、清水)
ドヴォルザーク:弦楽五重奏曲 第2番 ト長調 Op.77 B49 より 第2楽章(水谷、白井、佐々木、岡本、西山)
メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 Op.49 より 第1楽章(戸澤、宮田、清水)
メンデルスゾーン:チェロとピアノのための無言歌 ニ長調 Op.109(桑田、清水)
シューマン:ピアノ五重奏曲 変ホ長調 Op.44 より 第1楽章(MARO、大江、鈴木、桑田、清水)
【アンコール】
グリーグ:「ホルベルク組曲」 より 前奏曲

IMG_1540.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

岡本さんのロココ(東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団定期) [コンサート]

 シティーフィルのオペラシティでの定期演奏会で、岡本さんが、ロココを協演した。開演前のロビーコンサートに集まったお客さんは良い雰囲気だった。先日の読響の若者三大コンチェルトと比較すれば、客席には余裕があったけれど、定期会員の方が多いのか、客席はゆったりとした時間を楽しんでいるように感じられた。私たちにとっても、普段オケトレーナーでお世話になっているコンマス・戸澤先生始め、身近に感じる方が何人か舞台にいらっしゃるので、見ていても楽しい。
 岡本さんのロココを聴くのは、5年ぶりだ。エリザベートコンクールを経て、純粋で心打たれる少年らしさと決別し、繊細さはそのまま、大胆さが加味された歌心満載の演奏を楽しませてもらった。中間部のカデンツァの後、エネルギーがはちきれんばかりに、岡本さんらしい、堂々としたアクロバットテクニックを聴かせてくれて、感動。この曲はともすると、歌心よりテクニックのお披露目みたいになってしまいがちだが、目を閉じて音だけ聴いて、こんなんに心に羽が生えたように軽やかに、優雅さを感じるところが、まさに岡本さんの音楽だと思う。
 アンコールのジョヴァンニ・ソッリマのLamentatio (嘆き?)は、始めと終わりに声が入る。歌いながら弾くのは、余興でもない限り、珍しいと思う。意表をつかれ、岡本さんの声が聞けて、会場もオケのメンバーも興奮気味だった。ハートが溢れた演奏は、音程もテクニックも完璧、余韻の残るアンコールに、拍手喝采。この曲は、当分の間、リクエストがあるだろう。私もまた聴きたい。
 チャイ4は、楽章の切れ目がなく演奏され、一気に駆け抜けるエネルギーに、自分らが若い頃から、何度となく参加してきた、アマオケのチャイ4の練習場面が懐かしいく思い出された。楽しい定期演奏会だった。

指揮:飯森範親
チェロ:岡本 侑也

チャイコフスキー:イタリア奇想曲 作品45
チャイコフスキー:ロココの主題による変奏曲 イ長調 作品33
チャイコフスキー:交響曲第4番 へ短調 作品36
IMG_1521.JPG
IMG_1523.JPG
IMG_1522.JPG
IMG_3315[1].JPG
IMG_3317[1].JPG
IMG_3320[1].JPG
nice!(0)  コメント(0) 

新国立劇場ー神々の黄昏③ [オペラ(国内)]

 黄昏の楽日、思った通り、ラングはもはや躊躇なく、一幕から全開で、素晴らしかった。バイロイトのような感動を味わえて、感謝。
 オケも全体的に慣れてきて、音量バランスも大分良くなった。もっとも、こちらの耳がこのプロダクションに、適応してきた面もあり、苦痛でなければ、今、この場の大音量を受け入れるのが、幸せとというものだ。楽日は最後なので、出演者はかなり自由にやると聞いたことがあるが、むしろ後半に来て統一感が出てきたのではないか。
 平日午後の最終日だったが、思いきって行って良かった。連れ合いは2幕からとなったが。
IMG_3305[1].JPG
IMG_3306[1].JPG
IMG_3309[1].JPG
nice!(0)  コメント(0) 

エベーヌ弦楽四重奏団 [コンサート]

 エベーヌ弦楽四重奏団 、日本公演最終日の演奏を、武蔵小金井の宮地楽器ホールまで聴きに行った。かなり評判のカルテットで、ダメ元で前日電話してみたら、4列目中央の絶好の席が空いていた。ホールもエベーヌも初めてで、大ホール客席は500~600の間位、ステージが広く、フルオケが乗れそうな、雰囲気の良いホールだった。
 話題のクァルテット、まず最弱音から始まったモーツァルトに驚いた。フランス人とはいえ、古典的演奏ではなく、滑らかにボリュームを上げ下げするような、新しい表現なんだなぁと、耳を傾けた。ベートーヴェンは、激しくとも、4つの楽器の音色が融合し、まとまって変化するといった感じの音だった。後半は、チェロ奏者が、英語で曲の解説しながら進行した。ラテン系の明るさと、アメリカっぽいリズム感が心地よく、作品もジャズのジャンルも良く知らないが、世界のビートを体験した気分だ。後半を聴けば、このモーツァルトも同一線上の音楽だと感じられてしまうところが、凄い。
 とても上手なのに、地味で控え目、一人が突出せず、4人で寄り添い、調和を保ち、一つの楽器となることを理想としてきたのだろうか。これからどんな風に年を重ねていくか気になる。
 終演後、ゆらゆらした波のような余韻が体に残った。私にとっては、知らない世界の音楽体験であり、何か語ることができない。編曲も、メンバーがやっているのだろうか。これから、色々情報収集だ。

モーツァルト:弦楽四重奏曲 第15番 ニ短調 K.421
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第11番 ヘ短調 Op.95「セリオーソ」
後半は、Jazz アンコールにピアソラのりベルタンゴ

ピエール・コロンベ(ヴァイオリン)Pierre Colombet , violin
ガブリエル・ル・マガデュール(ヴァイオリン)Gabriel Le Magadure , violin
アドリアン・ボワソー(ヴィオラ)Adrien Boisseau, viola【手の故障で来日中止】
ラファエル・メルラン(チェロ)Raphael Merlin , cello
マリー・シレム(ヴィオラ)Marie Chilemme , viola【ボワソーに代り出演】
IMG_3293.JPG
IMG_3295.JPG
IMG_3297.JPG
IMG_3298.JPG
IMG_3299.JPG
IMG_3300.JPG
IMG_3302.JPG

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

新国立劇場ー神々の黄昏② [オペラ(国内)]

 1週間後、10/14の黄昏を聞いた。オケの音が集約されてきて、正統な音量に近くなり、たまに、行きすぎるところを除けば、音楽に身を任せても良いかなという気分になる。10/11の公演も、かなり評判がよかったようだ。そうなると、ニュープロダクションの公演前半は、チケット代を安くしたらどうかと思う。ヨーロッパではプレミエの日だけ、値段が高いことも普通で、未完成でも、ニュース性に価値があるのだ。でも、オペラ後進国の日本では、謙虚に、まだ完成に程遠いのでという良心を示しても良いのではないだろうか。ハラハラしながら、全公演聞いている人たちが気の毒に感じる。
 この日はラングが調子を取り戻していた。前回は絶叫が目だってしまったが、この日は、バイロイトのイゾルデのような、滑らかで強靭な声に戻り、3幕では輝かしいブリュンヒルデになりきっていた。2幕のハーゲンと男声合唱も、少し前へ出たのか、聞きやすくなり、良くなった。ただし、声質は依然として、美しく透明過すぎる印象。ラインの乙女たちは、グールドの大声量に伍して、美しいハーモニーを聞かせてくれた。本公演では、日本人歌手の活躍も見事で、ゲストとの落差は感じない。
 この日、バックステージツアーに当選した人から聞いた話では、3幕でラインの乙女がジークフリートに手渡す三角形の板は、未来を映す鏡、度々出てくるレンズは、後ろに立つと人が歪んで見えるが、心も歪むという意味。最後炎がジークフリートを包む場面では、奥に人形を横たえてあると。4階席からは見えないが、逆に見えてはいけないものが、見えてしまうことがある。ト書きでは、最後ブリュンヒルデはグラーネに股がり、燃え盛る薪の山に飛び込むことになっているが、この舞台では、群衆に紛れて、白い布を被り動かなる。そして幕切れに白い布を広げ起き上がり「救世主」となるらしい。1階席では、布を被るところは視界に入らないので、甦る姿に驚くことになるが、上階からは全て見えているので、解説を読むまで、最後の意味が分からなかった。
指揮:飯守泰次郎
ジークフリート:ステファン・グールド
ブリュンヒルデ:ペトラ・ラング
アルベリヒ:島村武男
グンター:アントン・ケレミチェフ
ハーゲンアルベルト・ペーゼンドルファー
グートルーネ:安藤赴美子
ヴァルトラウテ:ヴァルトラウト・マイヤー
ヴォークリンデ:増田のり子
ヴェルグンデ加納悦子
フロスヒルデ:田村由貴絵
第一のノルン:竹本節子
第二のノルン:池田香織
第三のノルン:橋爪ゆか
合 唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:読売日本交響楽団IMG_3288.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

新国立劇場ー神々の黄昏 [オペラ(国内)]

 10/7の公演を聴いた。まず言えるのは、マイヤーが素晴らしかった。
 席は四階一列目中央右寄り。聞こえてくる音は大分予想と違っていた。この席での印象だが、どの幕も初めの音を発する瞬間がぴったり合っていないように聞こえる。冒頭では意図的なのだろうが、木管の音が突出していて、待ち構えていた響きとは違っていた。全体にオケの音量が大き過ぎて聞こえるのは、飯守マエストロ新国立のリングの特徴で、金管、打楽器は音色、音質より音量が重視されているのだろうか。
 ペトレンコがスコアを分析して予想外のハーモニーを聞かせてくれるのとは別の意味で、予期しない音に驚く場面に何度も出会った。一階席で聴いたこともないくせに、4階席のオケの大音量を嘆くのは間違った感想かもしれないが、全ての指揮者で思うことではないので、やはりこれは、好みの差はあっても飯守先生の音なのだろう。3幕ジークフリートの死以降、初めてオケの音量が、相対的にppp位まで落ち、幕切れまで、ものすごいクレッシェンドが持続されて、昔だったら、私も大喜びしただろう、巨大な音楽だった。
 一幕でラングが声をセーヴしていたのが、ちょっと残念。イゾルデ役ではさほど感じなかったが、ブリュンヒルデではもう少し声の幅が必要なのか、激しさみなぎる絶叫場面の方が本領発揮してるようだった。グールドも声量が落ちないことは、バイロイトのトリスタンで証明済みだが、この二人と飯守先生の大音量オケの取合せは、自分の経験内では、珍しいタイプの公演だった。
 マイヤーのヴァルトラウテの場面では、独立したマイヤーの世界が広がり、やはり別格、飛び抜けて素晴らしかった。歌詞も4階まではっきり聞こえ、この場に居あわせて、幸せだと痛感した。ラングはマイヤーに伍してというより、演出上も、マイヤーに花を持たせたのか、控え目な印象だった。
 舞台演出が奥深いせいもあるが、2幕のハーゲンの号令も男声合唱も声が遠く、迫力が出なかった。合唱の人数は相当いたようだし、バンダのスティアホルンは素晴らしかったが、弦楽器は聞こえず、バランスが難しい。ここはもっと前方で、歌ってもらいたいものだ。と言うより、オケの音量が大き過ぎる。
ジークフリートのホルンは、なめらかで、勢いがあって、素晴らしかった。
 この日、本公演3回目の方々にも会い、だんだん良くなっているとのこと。一週間後には、どんな変化があるだろうか。

指揮:飯守泰次郎
ジークフリート:ステファン・グールド
ブリュンヒルデ:ペトラ・ラング
アルベリヒ:島村武男
グンター:アントン・ケレミチェフ
ハーゲンアルベルト・ペーゼンドルファー
グートルーネ:安藤赴美子
ヴァルトラウテ:ヴァルトラウト・マイヤー
ヴォークリンデ:増田のり子
ヴェルグンデ加納悦子
フロスヒルデ:田村由貴絵
第一のノルン:竹本節子
第二のノルン:池田香織
第三のノルン:橋爪ゆか
合 唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:読売日本交響楽団

IMG_3273[1].JPG
IMG_3274[1].JPG
IMG_3275[1].JPG
IMG_3276[1].JPG
IMG_3277[1].JPG
nice!(0)  コメント(0) 

バイエルン国立管弦楽団ーヴァルキューレ1幕  NHKホール [オペラ(国内)]

 タンホイザーの公演を終え、最後にペトレンコはヴァルキューレ1幕を演奏会形式で披露してくれた。オケピットでなく、舞台上のペトレンコのワーグナーではあるが、NHKホールの観客3000人で共有できたことはとても嬉しい。初めてペトレンコを聴いた複数の人から感想が届いたが、皆、感動を言葉にせずにはいられないというという驚きと満足感に溢れていた。2004年ベルリン・コミシェ・オパーのインテンダンド時代、初めてペトレンコのモーツアルトを聴き、現地の人を捕まえて、興奮して感想を聞いてもらった自分を思い出す。私よりもっと前からペトレンコを良いと思っていた方々も、今の私のように、ようこそ日本へ、ありがとう!という気持ちだろう。ペトレンコの振るベルリン・フィルを生で聴いてみたいという願いが叶う日もそう遠くない。
 ペトレンコの創造する音楽の時空に身を置くと、構えていても、やはり驚嘆する。瞬間刻みとでも言おうか、どんどん形や色彩が変化しながら、美しく調和した異次元の世界を行くような感覚に捕らわれ、自分としては、もうマエストロに対して、完璧なコントロールされた音などと批評がましい言葉は、おこがましくて使えない。真の芸術家だと思う。作曲家でなく、指揮者が芸術家と言われるのはあまり聞いたことがないが、スコアの縦線の、刻々と変化する音のイメージを実現させるなら、ベルリンフィルが最適だろうことは想像できる。
 今回一幕のみということで、比較的落ち着いた演奏だったように感じた。全曲演奏では、一幕はまだ序奏であるかのように、遥か遠く、視野に入らない獲物を追うような気持ちにさせられ、二幕への期待へと続く。

指揮:キリル・ペトレンコ
管弦楽:バイエルン国立管弦楽団
バリトン:マティアス・ゲルネ*
ジークムント:クラウス・フロリアン・フォークト
ジークリンデ:エレーナ・パンクラトヴァ
フンディング:ゲオルク・ツェッペンフェルト

【プログラム】
マーラー:「こどもの不思議な角笛」より*
 ラインの伝説
 きれいなラッパの鳴るところ
 地上の暮らし
 原光
 むだな骨折り
 死んだ鼓手
 少年鼓手

ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」第1幕 演奏会形式(ドイツ語上演)

IMG_3258[1].JPG
IMG_3259[1].JPG
IMG_3260[1].JPG
IMG_3261[1].JPG
nice!(0)  コメント(0) 

日本ワーグナー協会 バイロイト報告 マイスタージンガー [その他]

 ワーグナー協会のバイロイト報告会、今年は、既にNHKBSで放映された、新演出のニュルンベルクのマイスタージンガーについて、説明された。
 演出家バリー・コスキーは、オーストラリア生まれの50歳、祖父母の代に移民してきたユダヤ人。ヴァーグナーの反ユダヤ思想が顕著に現れているマイスタージンガーの演出をカタリーナから依頼され、半年考えさせて欲しいと言ったそうだ。コスキーは、ミュージカルとオペラを区別していないとのこと。(私個人的にも第一印象は、ミュージカルのようだということだった。)
 前奏曲と同時に舞台が始まり、場面はヴァン・フリート、そこにリスト→ポークナー、コジマ→エーファ、ヴァーグナー→ハンス・ザックス、ヘルマン・レヴィ→ベックメッサーが登場する。そして、劇中の→の人物になる。ベックメッサーは、初めから、差別的に扱われる。
 一幕終わりで、証言台や、連合軍4カ国の国旗が舞台に登場し、ニュルンベルク裁判の法廷への伏線が見られる。二幕の舞台は法廷の壁に囲まれた芝生、最初寝転んでいるのは、ヴァーグナーとコジマであり、すぐにザックスとエーファに移っていく。最後乱闘の場面で、ベックメッサーはやっつけられ、ユダヤ人を誇張したワシ鼻の模写絵のような面を被され、隣で膨らむ、面と同じ顔の風船の頭にユダヤの星が大きく描かれ、観客に見せつける。夜警は姿を現わさないが、直後に、アメリカのMP(憲兵)の白いヘルメット姿の黙役が立つ。
 3幕はニュルンベルク裁判の法廷のセット、その中で、作品の筋書き通りの劇が演じられる。5場(NHKでは2場)ではコアが大活躍し、舞台を駆け回る。最後までベックメッサーは差別され、ひどい歌を歌い、摘み出された後、二度と舞台に戻らず、追放されたという扱いだ。ザックスの大演説の後、舞台上にオケ(の演技)が残り、後ろへ下がってフェードアウトする。ザックスの芸術についての訴えの後、音楽が残り、その判断は、聴衆に委ねる、と解釈できるかもしれない。
 ベックメッサーは、どんなプロダクションでも、大概一番人気となるものだ。コスキーはヴァーグナーに批判的であったはずだが、結果として演劇的に面白すぎるベックメッサーを描いてしまった。
 全幕とも始まりに、字幕が出て、1幕は、場面説明、2幕はコジマの日記からだが、3幕のシュレーゲ・ナハトムジークというのが、シュレーゲ・ムジークという、双発の戦闘機で、英国軍機を斜め下から攻撃する作戦のことを言っているようだが、劇中の場面とは関係なさそうだ。また、時計がぐるぐる反対回りすることなど、まだあちこちに、疑問点は残る。
IMG_3160.JPG
IMG_3163.JPG
IMG_3170.JPG
IMG_3172.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

読響サマーフェスティバル2017《三大協奏曲》ー岡本侑也 [コンサート]

 オペラシティでコンチェルト3曲プロ、18:30開演だが、会場はお客さんで一杯だった。
 6月のエリザベートコンクール以降、岡本侑也さんがドヴォコンを弾いたのかどうか知らないが、あのときより冷静で、1楽章は前のように繊細に歌わず、3楽章を頂点に音楽が構成されていたような印象だった。始まってすぐ、もう、ドヴォコンは、特別ではなく、コンサートのレパートリーなんだなあと感じた。
 聴衆は、その日の演奏が、唯一の体験、奏者を知るよすがだ。
 印象としてだが、 ボムソリさんと、岡本さんは、テクニカルな面では完璧だったが、何か表現の部分で実は語り尽くせない部分が残ったのではないか気がかりだ。一方、ピアニストのハリトーノフさんは、我が道を突っ走り、ものすごいテンポで弾きまくった。座席が前の方で、視覚を重視したため、ホールにどんな音が響いていたのかわからないが、近くでは、ピアノの音はキレイという感じではなく、若さと迫力が、前面に出ていた。
 若い人の演奏が変わっていくのは当然で、岡本さんの演奏は、コンクールの時より、大人っぽくなったように感じた。これは、コンクール直後に、東京で宮田大さんのショスタコ1番を聴いた時の、老成しているという印象と共通するところがあった。次は、10月シティフィルとのロココの共演。場所も同じオペラシティ、楽しみだ。

指揮=海老原 光
ヴァイオリン=キム・ボムソリ
チェロ=岡本 侑也
ピアノ=ダニール・ハリトーノフ

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品23
IMG_1483.JPG
IMG_3140.JPG
IMG_3142.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

「わ」の会 北とぴあ [コンサート]

 帰国してまだ、時差ボケからもどらないうちに、日本人歌手の黄昏のコンサートを聴いた。聴衆は、池田香織さんを応援する気持ちで来る人が圧倒的に多いのではないだろうか。昨年池田さんは二期会でイゾルデを歌いきった。この日は、黄昏のブリュンヒルデ。自己犠牲は、堂々として素晴らしかった。2013年ワーグナー生誕200年の記念演奏で聴いたときから比べても、一まわりも二まわりも、ワーグナー歌手として充実してきて、魅力が倍増した。どんな分野でも、身近で敬愛する人材が、活躍の舞台に躍り出る姿を見られることは幸せだ。
 バイロイトでいっしょだった仲間たちにまた会えて、何だか、まだ、バイロイトが続いているような楽しい晩となった。
IMG_3133.JPG
北とぴあ1階のキリンシティにて
IMG_3136.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

バイロイト音楽祭2017マイスタージンガー(8/19) [オペラ(海外)]

 ついにバイロイト最後の演目となった。早朝から並び、一番に当日券をゲットした。席はパルケットの少し後方だがほぼ真ん中、当日券は本当に良い席が出る。但し、出るとすればのこと、前回のマイスタージンガーは1枚も出なかったそうだ。今回予め一枚は持っていたので、今年のチケット争奪戦も幸い成功裏に終わった。
 もう一つの席は、来られなくなった方から譲り受けた、プラチナチケットで初めてバイロイトで一列目に座った。両サイドはどんな人か気になるが、どちらも英語を喋っており、左側はご夫妻、ご主人は一幕が始まるとすぐうつむいて、眠り始めた。私も時折睡魔が襲ってきたが、耐え忍んだ。右側の男性は若かったが、3幕でダウンしていた。つまり、一列目は、特別なお客様の席(ご招待)ということなのかもしれない。周りを恐れる必要無し。
 他の劇場も含め、Wagner で最前列に座ったのはとても久しぶりのこと、指揮者に視線を送る歌手と目が合うように感じる恥ずかしい瞬間も、たまには良いものだ。驚く程舞台の隅々まで見渡せ、コアの人たちの演技もとてもはっきり見え、3幕5場(NHK では2場)お祭り場面のストップモーションで男声だけ歌っている様子は見事だった。激しい動きの後の発声は本当に大変だと思うが、観客に全くそのことを感じさせないのは、さすがにプロだ。
 他にもTaffの講演で、舞台裏の話を聞いていたので、何度やっても失敗のない完成した舞台に敬服する。
 音楽の緻密さという点では、ペトレンコのマイスタジンガーとは比べられないが、緊張しない、楽しい舞台を鑑賞できるという点で、時々オケがばらばらに聞こえるJordanは、聴衆の気持ちを掴んでいると思う。
 歌手陣も、不調の人はおらず、Vogtは美しさが要求される役柄にはぴったりで、やはりどこか、人間離れした楽器のような声には魅了される。喉が締め付けられるように聞こえるときもあるが、それがVogtの歌い方なのだと受け入れたい。どんなに近くで見ても、登場人物全員が役者で、エンターテイナーで、しいていうなら、Eva役のSchwanewilmsだけが、声がよく聞こえず、少し役柄と雰囲気が合っていないようで、動きもしなやかさに欠けていた。Volleはサイン会ではとても人懐っこい感じだったが、ちょっと強面のハンスザックスは名演だと思う。内容の解釈については、学者先生にお任せすることにして、3回聴いて印象が変わらないのは、危なげのない完成された舞台だからだろうと満足した。
IMG_1478.JPG
出番前でも余裕のフォレ
IMG_3103.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

バイロイト音楽祭2017 トリスタンとイゾルデ(8/16) [オペラ(海外)]

 この日、客席がやかましく、出だしが聞こえなかった。チェロも3回目の跳躍で音を外したので、これではティーレマンもご機嫌が悪いかと思いきや、前回、メルベートがイゾルデを歌ったときとは、全く違う、ドラマティックな方向に音楽が進んでいった。ラングも面目躍如の演技だった。これが、今年の本物だったのかと納得。感情むき出しの演技と、うねりのあるティーレマンの音楽に、心かき乱され、この気分を逆撫でする暗い舞台から、美しい何かを発見したいという思いに駆られた。これが、本来の上演の方向であれば、演技が必用なのが分かる。前回はティーレマンも我慢して、美しくまとめたのだろうと想像した。初年度のヘルリティウスの絶叫が強く印象に残っているが、ラングはさほど気になる絶叫は無く、激しい情念に燃えるイゾルデを演じ切った。
 前回の舞台と比較すると、やはり、穏やかな美声よりラングの情念の方が説得力があり、このプロダクションには適任であると思った。毎年演出は少しずつ変化する。このプロダクションには、多くの人にとって共感しがたい人物像があり、ひょっとして、これから意外な方向へ演出が変化するなんてことも、あったりするのだろうか。
 ただ最後に驚いたのは、3幕まだ幕が降りきらないところで、フラブラ、ではなくフラ拍手があったことだ。Metならともかく、まさかバイロイトで、しかも棒を下ろすまで、拍手を許さないティーレマンの背後で ! マエストロがニコニコとカーテンコールに登場してくれて、ほっとした。邪推すれば、前回一回抑えざるを得なかった分、この日は、客席に関係なく、自分から燃焼したかったなんてことはないだろうか。2回聴けたからこそ、この日の感動は格別だった。
IMG_2998.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

Ebermannstadt、Streitbergビール巡り(2) [ビール]

 ForchheimからEbermannstadtまでは、DBの代替えバスだった。Ebermannstadtの少し先が工事中とのこと。着いてみると、小さいが水の豊かな町だった。町の入口の古い水車が歴史を語っている。
 宿はSchwanenbraeuという町で一番大きい、Hotel、Brauerei、Gasthofということだった。町外れに、息子さんの経営するBiergartenがあるので、川沿いにぶらぶら歩いていくと、17時開店を待つ、地元のおじさんがもう、勝手に店の座布団を持って行き、日差しに立ち向かうかように、ベンチに座っていた。ここは、窓口に自分で買いにいく伝統的システムだ。
 木の下に座って飲んでいると、バイクで周辺20kmツーリングしてきたご夫妻が同じテーブルにやってきた。チャイニーズかと聞かれ、日本人だというと、二人のバイクが、KawasakiとHondaとのこと。話の導入にもってこいだ。バイクで旅する人たちは概ね自由人で、日本にも興味あるものの、車で予約無くとも泊まって旅できるかと聞かれ、それは難しいと言うと、アメリカのネバタ州を車で旅したが、予約なくてもモーテル宿泊は問題なかったと。広さが違うし、日本は狭いからと言い訳した。興味あるのは中央アルプスと北海道、日本の自然を見たいそうだ。最後に奥さんが名乗ってきたので、私も連絡先を渡してた。旅先で話しかけてくる人は、日本に来たことがあるか、興味がある人たちだ。
 バイクでビアガーデン巡りをしていると見えて、虫がビアジョッキに入らないよう、蓋を持参していた。よくコースターで蓋するが、我々は、虫はあまり気にならない。
 ビアガーデンが、気持ちよく連れ合いはどれほど飲んだのか、宿に戻って、まだ日は暮れていながったが、朝までぐっすり、眠ってしまった。
IMG_1349.JPG
IMG_1356.JPG
IMG_1353.JPG
IMG_3048.JPG
IMG_3047.JPG
 翌日は、城壁を散策しながら、バイロイトに戻った。
EbermannstadtからPegniz行きのバスは、学校が休みの為、ワゴン車だった。大きなバスの後ろに到着し、まったく気づかなかたら、運転手さんが迎えに来てくれた。でものんびりしており、定刻になっても、運転手さん同士おしゃべりしていて、一向に発車せず、同乗者の女性が、約束があるから、バスを出してくれと言いにいった。
 私たちは、鍾乳洞のあるStreitbergで下車し、古い城塞に登ってから、Binghoehleという鍾乳洞を見た。大きさは前に行ったTeufelshoeleほどは大きくはないが、説明のお姉さんは純粋な石灰と氷だけなので鍾乳石が白いと自慢していた。見学は7ユーロ、写真撮る場合は1ユーロ支払う。今回ヘッドランプ持参で、よく写真が撮れた。
 次に道路反対側の城塞Neideckへ上り、素晴らしい景色を堪能した。頂上で買ってきたサンドイッチを食べようと思っていたが、麓のプール横に、またもやビアガーデンを発見、下山して、ビールにサンドイッチということになった。
 帰路のペグニッツ行きバスは、気づけば、このあたりの城塞街道を走るバスで、Goessweinstein、Pottensteinを眺めながら、以前行った時のことを思い出し、楽しいルートだった。

IMG_1366.JPG
IMG_1367.JPG
IMG_1384.JPG
IMG_3066.JPG
IMG_3062.JPG
IMG_1420.JPG
IMG_1424.JPG
IMG_3078.JPG
IMG_1428.JPG
IMG_3088.JPG
IMG_1449.JPG
IMG_1456.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

Forchheim, Bierwald ビール巡り(1) [ビール]

 ニュルンベルク交通(VGN)の一日券(19,1EURO)を使って、軽いBier-wanderung をした。
 朝食抜きで、朝8時バイロイト中央駅発の電車に乗ったが、途中電車が遅れ、乗り替えるはずの電車が行ってしまい動揺したが、今年はiPhon をSIMフリーにして、現地でT-comを入れてあり、VGNアプリも使っているので、すぐに立ち直った。
 Bamberg で乗り換え、Forchheimへ。 ここは、城塞都市で、14世紀の市庁舎の窓が、クリスマスにアドヴェントカレンダーの装飾になることで、今日では知られている。市庁舎や王宮は、静かな中世の趣があり、川沿いの建物の風景は、規模は小さいがバンベルクにも似ている。そして、ビールで有名な町でもある。
 Infoのお姉さんがとても親切で、バイロイトから休演日に来たと言ったら、よくぞ、Forchheimを選んでくれたとお礼を言われ、今日半日の滞在だと言うと、Bierwaldで昼に営業している店を電話で探してくれた。町中には、4つのBierbraeu があり、Bierwaldは町外れの山一つが、天然の冷蔵庫Bierkellerになっており、現在では、24のケラーに隣接して、ビアガーデンがある。訪ねたのは、木曜日昼だったのだが、2件だけ開店しており、一番奥のケラーは、市内でお店を素通りしたNederkeller だった。森の中のひんやりした空気のビアガーデン、日本には無いだろう。
IMG_1294.JPG
IMG_1309.JPG
IMG_1311.JPG
IMG_1413.JPG
IMG_1320.JPG
IMG_1333.JPG
IMG_1331.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

バイロイト音楽祭2017ーニュルンベルクのマイスタージンガー(8/15) [オペラ(海外)]

 バイロイトに来てから、もっと良い席が手に入ったのでチケットを売りたいという話が来て、ロジェ2列目を譲ってもらった。舞台全体が良く見え(パルケットだと、前が巨人族だと全然見えないことがある)、オケの音は抑えられ、歌はよく聞こえ、椅子はふかふか。連れ合いは、Mittelloge につづき、このLogeが気にいいった様子だ。でも、私はParkettで、オケの音が響いて聞こえる方が好きだ。
 前回ギャラリー席で聞いたときには、オケと合唱がかなりずれて聞こえたが、今回は、あまり気にならなかった。やはり視野が広いと、見ていて楽しい。舞台上の動きは、音楽に比べると、プレミエから完成されており、この表現の豊かさが、他の演目の演技にも影響を与えているのではないかと、ふと思った。
IMG_1276.JPG
マイスタージンガーのワーグナー手書き譜(Wahnfried 展示中)
IMG_1259.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

バイロイト音楽祭2017ーパルジファル(8/14) [オペラ(海外)]

 一つ前の公演では、Haenchenが病気になり、Janowskiが代わりに指揮し、快速なテンポで、予定時刻より早く終了したという噂が飛び交っていた。この日は復活し、お元気そうだった。昨年より、とても印象が良くなっていて、嬉しい。昨年は、少しがっかりしたが、やはり指揮者交代で準備期間が足りなかったのかもしれない。今年は間違いなく、マエストロHaenchenのパルジファルがこれなのだと、伝わってくる。席もパルケット後方で、オケの上に上がった音がちょうど降りてくるあたりで、心地良かった。
 Schagerのパルジファルは、強靭で、イメージとしては、ジークフリートのようだった。声も大きく逞しい。疲れを知ず
らない歌に、やはり感動する。演技も上手で、Vogtよりこの舞台には合っている気がした。
 昼は、ヤノフスキのサイン会があった。舞台上で見ると歌手の体格が立派過ぎるため、小柄でひ弱な老人という印象だったが、ご本人を前にすると背も高く、何よりお声が朗々と響くバスで、質問にも考えながらはっきりお答えになり、大分印象が変わった。歌手ではないので、さすがにご自身の舞台写真などはお持ちにならないが、プログラムに気軽に笑顔でサインを頂いた。
IMG_1209.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

バイロイト音楽祭2017ー神々の黄昏(8/13) [オペラ(海外)]

 当日券売場は、昨年までは14時オープンだったが、今年は、午前10時と午後と2回開くことになっていて、今年はリングのチケットは持っていなかったが、朝から行ってみることにした。
 朝早めに Karten Bueroに並んだので、1番目だった。ドイツ人が来るのは、早い人で9時台なので、ずっと一人だった。割りとあっさり、2枚続きの席が手に入った。それも16列の5と6という、ちょうど上のカテゴリーの境目の席で、ラッキーな気分だった。
 ヤノフスキーの音楽はよどみなく、さらさらと進んで行く。演出の変化について、一つ気づいたのは、3幕初め、演出助手Seibertが死体の役をするのだが、あまり、目立たず、何故やっているのかずっと分からなかった。ところが、今年はSeibertが衣装を着て、頭に血を塗って、死体になるまでの過程を映像で見せたため、会場が喜んでどよめいた。
 登場人物としては、一番気が小さかったGunterが、今年は大暴れ。二幕で怒狂って、ハンマーで机を叩き割ったり、音楽を邪魔する騒音もお構いななしだった。これも最後の年の余興だろうか。
 主役2人の安定感もあり、安心して見ていられた。演出に関して文句を言う人は多いが、歌手、オケはさすがだし、これだけ立派な舞台装置を見るだけでも、価値があるのでは?
IMG_2867.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

Vinke と Foster の サイン会 [オペラ(海外)]

 辺境伯書店が閉店したため、今年からサイン会会場は劇場横のSteigenbergerレストランとなった。12時20分前に到着するも、顔見知りの日本人がいるくらい、宣伝が行き届いていないのか、場所が街中から遠いからか、時間になっても、主役ふたりのサイン会にしては集まりは良くなかった。
 Foster とVinke のサイン会は、外が寒いというFosterの希望で、Steinbergerの屋内に変わった。この日、黒いスーツの彼女は、美しく魅力的だった。家族もその場にいて、この5年の間に、大人っぽくなったお嬢さんが、話題になっていた。
 数年前WeimarのSiegfriedがVinke だったことをふと思い出し、サイン会で話してみた。すると、あれは、代役で、前日、よそのプローペ、GPの後電話があり、一回歌い終えた後、Weimarに移動し、翌日本番で、とても大変だったと話してくれた。その時思い出していなかったが相手役はFosterだったようで、何年だったかと横にいたFosterに尋ねると2007年とのこと。でも私が行ったのは2011年なので、Fosterの思い違いかもしれないが、Vinkeにとっては、只一度のWeimarを聴いたことになる。その時の印象はSiegfriedが汗だくで、最後ボロボロになり、気の毒に感じたのは、あながち間違えでは無かったようだ。
http://gruen.blog.so-net.ne.jp/2011-07-12
IMG_2881.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

バイロイト音楽祭2017ートリスタンとイゾルデ(8/12) [オペラ(海外)]

 場内が暗くなって、ごめんなさいおじさんが出てきて、イゾルデ役ラングが不調のため、演技のみ行い、メルベートが歌うと説明した。Besetzungに既に書いてあるため、観客の驚きはそれほどでもなかった。
 メルベートは、舞台上手端で、譜面台に楽譜を置いて立って歌った。とても落ち着いていて、音楽も全体的に、優雅で、穏やかに進行した。ラングの演技というのがピンとこず、やはり歌わないと難しいのだろう、カーテンコールには、メルベートだけが出てきた。二幕のトリスタンとの二重唱はよく練習したとみえて、二人の距離感は全く気にならなかった。勿論離れて歌う演出もあるわけだし、どんな環境でも歌えるのが本物ということだ。マルケ王役のルネ・パペは年齢通りの風格で、今回の演出での役どころとしては、優しすぎたかもしれない。ラングだったら絶叫するのだろうなあと思いながら、穏やかなイゾルデの声に満足していた。
 ネットで取った席が気づけばMittellogeで、Ringの初年度、毎日当日券がMittellogeだったことを思い出した。奥まっているせいでオケの音が抑えられて、遠く聞こえたかもしれないと思う。席によって聞こえる音は変化する。
IMG_1185.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

Johannes Martin Kraenzle Haus Wahnfried [コンサート]

 ヴァンフリートでのコンサートを一度聞いてみたくて、友の会主催の、ベックメッサー役の、クレンツルを聞きにいった。声楽のコンサートはほとんど行かないが、曲により、変貌するキャラクターは、さすが素晴らしい。ピアノも良くて、初めのマーラーは、喉を慣らす程度だったが、Jedermann 以降、バリトンらしい、鋼のような力強い響きに魅了された。プログラム最後は、現代の作曲家Klein のjiddisch(中世ドイツ語にヘブライ語がまざった、ユダヤ人の言葉を用いた)流の12の歌。現代ドイツ語訳がプログラムに載っており、ベックメッサーの演技を連想させるような、表情豊かな歌に、時々会場から笑いが起こった。
 帰りは、どしゃ降りで、バッグの中までぐちゃぐちゃになった。
IMG_1152.JPG
IMG_1140.JPG
IMG_1141.JPG
IMG_1143.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

バイロイト音楽祭2017ーヴァルキューレ [オペラ(海外)]

 第二チクルスのヴァルキューレを、5列目の端の方で見た。こんなに近くで舞台を見るのは初めてで、臨場感が違い、とても良かった。舞台の視界は狭いが、奥行が見通せたり、歌手の動きもよくわかる。
 タンホイザーの最後の年に聞いた話で、最終年は、歌手やコアも、ちょっと変わったことをして、楽しむそうだ。ちょっとしたおふざけが許されるらしい。この日のヴァルキューレでも、そんな場面があった。2幕初め、フリッカにひとしきり怒られたヴォータンが怒り心頭、左周りに一周する間に、自分の立派なあごひげをむしりとって投げた。また、ジークムントが、フンディングの館にあった自転車を倒して、騒音をたてた。ノートゥングが2箇所にあったという説もある。
 私の印象しては、登場人物たちが、とても人間臭く、確信はないが、ヴォータンが、ジークムントを倒さねばならない話をブリュンヒルデとしている時、あんなに、抱き合ったり同情しあったりしたかなぁと、気になった。映像が省略されていたという指摘もある。
 ヤノフスキの音楽は、1幕は、控え目だったが、3幕になると終始パワー全開で、すごい音量に感じた。でも、音楽で何かを語るタイプではなく、場面の状況を説明し、盛り上げる感じで、真っ直ぐな音楽だと思う。幕切れも、それほど音量は落ちなかったように聞こえた。
 辺境伯書店がなくなり、皆気になっていた、サイン会は、劇場横の、Steigenberger で行われる。
IMG_1153.JPG
IMG_1118.JPG
IMG_1116.JPG
IMG_1115.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

バイロイト マイスタージンガーの舞台美術 [ドイツ]

 公演に先立ち、Taff主催の舞台美術の話、今度はマイスタージンガー。日本では、Webで一部分しか見られなかったが、ドイツに来て、ドイツ国内限定のBR-klassikの映像を、宿の今一つのネット環境の中で、廊下に5時間居座り、ようやく全部見ることができてから、翌日にTaffの話を聞いた。泊まっているドイツ人たちも、興味津々のようだった。
 雰囲気は、新国立劇場の、バックステージツアーのようだが、現場には行かず、スライドを交え実際小道具を手に取りながら話を聞いた。
 最高傑作は、"コスキーの蝋燭"だと思う。50cm位まで近づかないと、炎が、平面であることに気づかない。さらに蝋が溶けて流れる不思議さ。
 次にコーヒーカップ。割れたり滑ったりしないよう、カップの裏側とソーサーにシリコンのような、滑り止めが、塗ってある。そして、マイスターたちが、一緒にコーヒーカップをスプーンで鳴らすシーンがあるため、その音が音楽に合う音程に揃えてある。
 セットの芝生は、草一本一本が、よくある段ボール製の細紐だった。
 色々なものをネット購入して、買い揃えているそうだ。食べかけの料理も見事だった。
 ネタバレは、日本のBS放送前なので、一応このへんで。
IMG_1086.JPG
IMG_1079.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

バイロイト音楽祭 ニュルンベルクのマイスタージンガー(8/7) [オペラ(海外)]

 今年プレミエのマイスタージンガーは、珍しくスキャンダル無しの期待の演目で、チケットのズーヘは難しいだろうと、気がひけていたが、バイロイトに入り映像を見、Taffの話を聞いたからには、臆せずズーヘするしかないと、覚悟を決めた。
 開演1時間前に着くと、すでに成功した日本人がおり、友達のドイツ人もチケットを探していた。
 幸運にも、意外とあっさり、ギャラリー席が、手に入った。視界が少し欠ける29ユーロの席で、ネット購入したが、後でもっとよいギャラリー席が手に入ったからという理由だった。さっきの友達のドイツも偶然同じ列にやってきて、お互いの幸運を喜びあった。
 3幕前に、ハンスザックス役のVolleが体調が悪いが、頑張って歌うという説明があった。確かに、映像で見たほど立派ではなかった。でも私としては、3幕になってVogt の声が時々、裏返るようなかすれるように聞こえることの方が気になった。
 舞台は、動きがあって、生き生きして、演劇のようだ。日本で音だけ聞いたとき、随分エネルギッシュに感じ、その後、コスキーがVogt の肩を揺すって演技をつけている映像を見て、活発な動きのある舞台だと認識した。喜劇として演出されている。フォークトの子供もエキストラで出演している。
 初めに、大きなぬいぐるみのような、熊のような犬が登場するが、少し前、外で見かけた時、まさか出演するとは気がつかなかった。
 1幕は、ヴァンフリートが舞台で、華やかで楽しい。リストやヴァーグナーがサロンでピアノを弾く写真やコジマの日記など、昔の資料は豊富なので、オリジナルに忠実に再現しているとのことだ。
 ベックメッサーのキャラクターは強烈で、公然と嫌われ者のレッテルが貼られている。Johannes Martin Kränzleは外見も声もよく、若々しい声のダーヴィッド役Daniel Behleと共に大きな拍手を受けていた。歌手もコーラスもエキストラも、舞台上の人たち、皆常に演技していてミュージカルの雰囲気を取り入れているような気さえする。予備知識が無くても、退屈しないだろう。Volle もGroissboeck も演技派で、強いていうなら、コジマと重なるエヴァの人物像だけはちょっと違和感があった。
 普通あまり目立たないマイスターたちの個性まで喜劇的に演出していて、いつもは素通りするマイスターたちの歌声が高らかと響いていた。Vogt の声は、本当によく通ると、聞くたびに、感心する。
Musikalische Leitung Philippe Jordan
Regie Barrie Kosky
Bühne Rebecca Ringst
Kostüm Klaus Bruns
Chorleitung Eberhard Friedrich
Dramaturgie Ulrich Lenz
Licht Franck Evin
Hans Sachs, Schuster Michael Volle
Veit Pogner, Goldschmied Günther Groissböck
Kunz Vogelgesang, Kürschner Tansel Akzeybek
Konrad Nachtigal, Spengler Armin Kolarczyk
Sixtus Beckmesser, Stadtschreiber Johannes Martin Kränzle
Fritz Kothner, Bäcker Daniel Schmutzhard
Balthasar Zorn, Zinngießer Paul Kaufmann
Ulrich Eisslinger, Würzkrämer Christopher Kaplan
Augustin Moser, Schneider Stefan Heibach
Hermann Ortel, Seifensieder Raimund Nolte
Hans Schwarz, Strumpfwirker Andreas Hörl
Hans Foltz, Kupferschmied Timo Riihonen
Walther von Stolzing Klaus Florian Vogt
David, Sachsens Lehrbube Daniel Behle
Eva, Pogners Tochter Anne Schwanewilms
Magdalene, Evas Amme Wiebke Lehmkuhl
Ein Nachtwächter Karl-Heinz Lehner (25.7. Georg Zeppenfeld)
IMG_1098.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

バイロイト パルジファルの舞台美術 [ドイツ]

 Taff会員のための、Parsifalの舞台美術についての講演があり、大道具をコンピューターで設計して、作り上げるまでのこと、様々な手作り小道具の苦労話などが紹介されました。
 Festspiele のHPのpodcast にも、公演で使う血液専用の冷蔵庫が紹介されていますが、実際3種類の食べられる血液を持ってきてくれて、私も一つ味見しました。シロップ味で、他にミントやコーヒー風味もあるらしいです。これらは、1幕の聖堂の儀式で、実際飲むとのこと。Amfortasが血液を流すタイミングは、シリコン等で作った血管を破り、音楽にあわせて、どこで、どれを流すか決まっているとのこと。
 2幕舞台左側のお風呂は、幕間に、50度に設定し、入る時点で36度になるよう準備され、積んであるバスタオルで、本当に普通に身体を拭いているとのこと。上方にある沢山の十字架は、各地の博物館などの写真を集め、作ったそうです。落ちてくる十字架は、それ専用の簡単な十字架を準備。
 3幕の舞台に散りばめられた瓦礫も、置き場所の図面があります。舞台奥の水浴(滝?)の水音は、やはり音楽の音量に合わせて、調整されるとのことです。
IMG_1020.JPG
自家製の血液
IMG_1064.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

Cheng-yu Moさんピアノリサイタル [コンサート]

 上海音大教授だという毛さんの演奏会がシュタイングレーバーであった。オールシューマンプログラム。選曲が個性的ではないかと思う。日本語訳では、 ダヴィッド同盟舞曲集 というらしいが、Die Davidsbündlertänze という架空の二人の人間の性格を、1部2部に分け、音楽で表現している。
 終わりに近づくほど、音楽が穏やかになり、到着翌日ということもあり睡魔に襲われた。後方では高いびきまで聞こえ、皆さんリラックスできたようだ。
AA9252C8-81B0-47D5-B293-5BE63BD669E9.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

バイロイト音楽祭2017ーKinderoper 【Tannhäuser】 [オペラ(海外)]

 LHの成田便がいつの間にか無くなり、羽田便で一見便利になったようにも思えるが、出発が2時間ほど遅くなったため、欧州での当日の乗り継ぎはリスクが大きくなったかもしれない。
 今回もミュンヘン便は順調だったが、乗り継ぎのニュルンベルク便が雷とかで1時間遅れ、結局バイロイト中央駅に着いたのは夜中の23時半、夜間バスを利用してやっとホテルに入れた。

 翌日Kinderoper は 8~12才対象で、公演は、1時間。5才未満は、ご遠慮下さいということになっている。結構楽しいという噂は聞いていたが、申し込んだことは無く、今回日本人のお子さんの同伴者として、初めて見に行った。場所は祝祭劇場裏、楽屋口の方に芝居小屋がある。
 これは、期待を遥かに越えていて、本公演を知っている大人にとっては、自然に想像力で細部を補いつつ、楽しめるものだった。
 小屋のステージは横長で、客席は階段に座るタイプ。少し左寄りの舞台奥にオケ、それを囲むように、グリーンの芝生が敷き詰められ、網でできたような川が反物のように流れている。
 右手奥に、山高帽のの老人と、ショールをかけたお婆さんが座っている。左側には、ヴェーヌスベルク入り口に掛かる橋、山の上にヴェーヌスが立ち、ローブウェイのように、子供のバケツを山頂へ上げたりする。あとで気づいたが、タンホイザーは、ヴェーヌスと遊ぶのが飽きて、出て行きたいわけで、このローブウェイも、遊び一例だろう。右手には、騎士たち(遊び仲間が小道具を作っている) 途中セリフも入る。
 オケのチューニングを聞いた時点で、久しぶりに正統な西洋音楽の音がし、ドキッとした。歌手も間近で、唾を飛ばして熱唱してくれる。指揮者は暗譜で、音楽は、ヴェーヌスベルクから始まり、筋書き通りに進んだ。2幕の歌合戦では、観客に紙の王冠が配られ、一人歌うごとに、拍手と、足を鳴らすよう促される。もっと、もっとと、大音量は、元気の象徴だ。
 ローマとはっきり言わなかったと思うが、タンホイザーは改心の旅に出る。一方、エリーザベトは、マリアに祈るが、その時、右手奥の二人の役割が出る。男性は、タンホイザーを突き放し、お婆さんは振り返ると水色の網のような川を編んでおり、エリーザベトの話に耳を傾ける。
 綺麗な音楽から、一変し、ローマ語り抜粋では、客席が少しざわついた。怖かったのではないだろうか。
 幕切れは、エリーザベトが、お婆さんと話した結構、また、タンホイザーと一緒に遊ぶのを許され、めでたしめだし。おしまい。

IMG_1017.JPG
IMG_1016.JPG
IMG_1010.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

Andiamo Part2 第1回 浜離宮ホール [コンサート]

 岡本侑也さんはエリザベートコンクール2位受賞後、最初の日本での演奏会、ピアニストの大須賀恵里さんが主催するシリーズで、弦楽器奏者3名は、ゲストとのことだった。
 ばったり出会ったアマオケVnの友人と、連れ合いと3人に共通した感想は、奏者たちのうまさ、抜群の調和だ。お互いに合わせようと、最大の敬意を払いつつ進行する音楽は、とても美しい。最初のパッサカリアも、音色や、奏でる言葉づかいとでも言おうか、弾き方が二人がぴったり合って、一瞬の隙もなく、引き込まれた。有名な曲だが、こういう風に、限界までアンサンブルを追求する演奏に出合ったのは初めてだ。3曲とも、多分1~2回の合わせで、ここまで聞き合えるとは、皆さんの集中力に感服する。
 岡本さんはコンクール後、大学卒業のため、ミュンヘンで多忙な日を送ったらしく、痩せてしまった感じがしたが、楽器はよく鳴り、繊細さにスケールの大きさが加味され、アクロバットアンサンブルを楽しんでいるように見えた。演奏相手が違うが、半年前に聞いた同じモーツァルトのピアノクァルテットとは、聞き手の満足感が違う。ブラームスは、ピアノにかき消されることがよくあるが、大須賀さんのピアノは、節度があり、弦楽器3人を邪魔せず、4楽章最後の弦楽器の盛り上がりが、あそこまではっきり聞こえる演奏を聞けて、感激した。
 
出演:
大須賀恵里(ピアノ)
スヴェトリン・ルセフ(ヴァイオリン)
佐々木亮(ヴィオラ)
岡本侑也(チェロ)

曲目・演目:
ヘンデル=ハルヴォルセン:パッサカリア
モーツァルト:ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調 KV478
ブラームス:ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調 作品25
IMG_2786.JPG

新国立劇場-ジークフリート②楽日 [オペラ(国内)]

 楽日の席は4階1列目、私の場合は、手すりが邪魔で、結局手すりと壁の隙間から、双眼鏡を覗く姿勢で見ることになる。先週バックステージの説明を聞いたので、今日は視覚優先で、特に一幕は細かい動きを見るようにした。でも、何故か、鍛冶場面で前回に比べほとんど火花が散らず、少し残念。ミーメは、今日は上手に卵を割った。この舞台は、トンネルリングの完成形だと、先週説明があった。3幕の三角形の舞台は、キース・ウォーナーのTokyo Ringにも影響を与えたとも言っていた。
 音楽は、オケが慣れて来たのだろう、先週よりも、飯守節になっていた。金管を鳴らし、ちょっと私の耳の状態では、オケがうるさかった。でも歌の場面では、さっと音量が下がるので、そこは良い感じだ。きっと一階席のお客様が満足するような音量になっているのだろう。4階席からは、一切オケが見えないが、横のZ席から覗いてみたかった。
 2幕は、ファーフナーの手(足?)に窓が2つ見えるが、人が二人入っているそうだ。後ろから空気を送って膨らませるのだが、音がうるさいので、初めは少しずつ、オケの音量が上がったところで、一気に入れるらしい。今回は、3幕も歌手の表情を見続けたが、正規の演出なのか、二人とも思う存分、なりきって演技してくれた。酷評される心配のないaway公演の解放感があるのかなぁと想像したりもする。主役二人を見ていて、本当に、"愛する"とはどういうことなのか、考えさせられた。リングの筋書きにはすっかり馴染みになっているものの、ヴォータンに対する忖度も加わりブリュンヒルデが引き起こした事件の顛末を思うと、同情の余地ある登場人物ばかりだ。今年の秋には黄昏が聞ける。一年でリング2作品とは快挙だ。

Siegfried:ステファン・グールド
Mime:アンドレアス・ コンラッド
Der Wanderer:グリア・グリムスレイ
Alberich:トーマス・ガゼリ
Fafner:クリスティアン・ ヒュープナー
Erda:クリスタ・マイヤー
Brünnhilde:リカルダ・メルベート
Waldvögel:鵜木絵里、九嶋香奈枝、安井陽子、吉原圭子
IMG_2725.JPG
前の30件 | -
メッセージを送る